トラブルを避けるためにも家賃保証を|業者の評判も事前にチェック

シングル向けの物件の経営

間取り図

比較的小さな資金でも複数の不動産への投資が行えるために、シングル向けの物件を中心にマンションを購入する人が多いです。不動産会社のマンション経営セミナーや賃貸管理会社のサービスも活用することで、個人でも効率的に家賃収入が得られるでしょう。安定したマンション経営を行う場合に、個人投資家が必要としているのは、不動産会社による物件紹介サービスです。都市部に限らずに地方の物件の中から投資対象を選ぶのが、初心者が高利回りのマンション経営を実現するためのコツです。自宅から遠く離れた地方都市では管理を委託する必要があり、複数の賃貸管理会社の提示する条件を比べて、契約先を決めるべきです。新築物件は満室経営が実現しやすいですが、将来的には稼働率の低下も想定されるので、早めに空室対策を考えるのが理想的です。入居者募集を契約先の管理会社に依頼する方法もありますが、こまめにリニューアルを行って物件の価値を高めるのが、最善の空室対策です。建物の立地条件や物件の価値を客観的に評価して、長期保有と早期の売却という手法を使い分けるのが、合理的なマンション経営の戦略です。特に人気エリアの物件は、将来的にも賃料の値上げによる収入アップが期待できるので、リフォームを繰り返して20年以上保有するのが賢い方法です。郊外型の物件は老朽化に伴ってすぐに稼働率が下がるので、不動産会社と相談しながら、早期売却による物件の入れ替えを進めるべきでしょう。