トラブルを避けるためにも家賃保証を|業者の評判も事前にチェック

民泊ビジネスの基本とは

積み木のマンション

民泊ビジネスの基本を学ぶ

民泊ビジネスが注目される中で、airbnbの代行業者が増えています。これは外国人旅行客に向けた民泊の宿泊物件を登録し、予約を受ける業務を代行で行う業者のことです。airbnbは提供する宿泊用物件と外国人旅行客とをマッチングさせる海外のサービスです。外国語でのやり取りとなるので、通訳できるサービスが必要というわけです。そこで代行業者がairbnbへの登録や旅行客からの問い合わせに対応し、さらに鍵の引き渡しや管理など実務も行うようになっています。airbnbでは宿泊者を募集する物件を紹介し、それを見た旅行者が問い合わせをするというシステムになっています。そこでまず提供する物件情報と、募集のためのサイト構築が必要になります。代行業者に依頼すれば、そこでまとめて管理しているサイトを利用できるようになります。サイトでは物件のアピールもできるので、旅行客に向けたメリットなどを配信できます。一般の賃貸物件としては需要がないものでも、旅行客にとっては魅力あるものが多くあります。例えば交通の便が良くないとしても、観光地に恵まれた立地条件であれば宿泊客には人気となるわけです。さらに一般の賃料と比べると、宿泊料金は単価が高いので収益性も高まるメリットがあります。これが民泊ビジネスが注目される理由です。賃貸物件としての価値が低く、安く売り出された物件を購入して外国人旅行者向けに貸し出すことで、大きな収益源を手に入れることができるわけです。